新規登録

▼ホームページ検索 [More] [New Window]


2009年09月02日

興収50億が見えた! 20世紀少年の成功は“秘密”

 浦沢直樹原作の長編人気マンガを総製作費60億円を投じて映画化した実写版シリーズ三部作の3作目「20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗」(堤幸彦監督)が公開され、好調なスタートを切った。配給元の東宝では早くも50億円突破のソロバンを弾く。何がファンを引きつけているのか。

 夏休み最終盤に公開された「ぼくらの旗」は、8月29、30日の2日間に全国で約68万人を動員、興行収入は約8億7000万円に達した。

 1作目「終わりの始まり」(昨年8月公開)が興収39億円、2作目「最後の希望」(今年1月公開)が興収30億円。「観客の出足から見積もって、3作目は50億円が十分見込める」と配給元はホクホクだ。

 物語は、幼なじみの男女が人類滅亡の危機に立ち向かう壮大なSFで、原作は全22巻、2500万部の発行部数を誇る。それだけに上映が決まった当初は、コアなファンから「映像化は無理」という声があがり、映画評論家には「3部作とは長すぎる」など批判的な見方もあった。

 豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦らが出演する映画の脚本は原作者の浦沢氏に加え、漫画編集者やテレビドラマのヒットメーカーらが共同であたった。今回の「ぼくらの旗」については、とくに原作と異なるラストシーンの情報漏れを徹底管理した。

 「試写会では、最後の10分間を封印して見せなかった」と一部の評論家からブーイングがあがったものの、それがかえってファンの飢餓感を煽りヒットに結びついたようだ。

 パソコンと携帯電話によるアンケートによると、映画館に足を運んだ観客の男女比は64対36。年齢別では20代が最も多く23.4%、次いで40代が22.9%。「小学生とその親という家族連れも目立っている」(都内の劇場)

 また、DVDとブルーレイで発売された2作目の「最後の希望」は、発売1週目に売り上げランキングの首位を獲得。8月28日には日本テレビ系「金曜ロードショー」でオリジナル製作の「20世紀少年〜もう一つの第2章〜」を放送するなど、メディアミックスによる攻めの姿勢を見せている。
(9月2日 夕刊フジ)


posted by ドン at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | いいモノみぃ〜つけた! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
▼ホームページ検索 [More] [New Window]

サーチエンジン新規登録受付中です。サーチエンジンへの登録は無料になっています。ただし、相互リンクを張っていただくことが条件となっています。相互リンクはTOPページでも、相互リンクのページでも自由です。
総合検索エンジンなので、基本的にはどのようなホームページでも登録可能です。ただし、アダルト・風俗・ねずみ講等はレンタルサーバーの規約上不可能です。せっかく、相互リンクをしていただいても登録できません。
当ホームページで相互リンク・紹介している情報によるトラブル・損害などについて、当サイト管理者は一切関知しません。
相互リンクでお互いアクセスアップを目指しましょう!

 当リンク集では、SEO(サーチエンジン最適化・Search Engine Optimization)ができるようにHTML形式で表示できるようにしてあります。SEOに役立てば幸いと思っています。ただし、あくまでも相互リンクが目的です。それ以外の場合は、申し訳ございませんが登録できかねますのでご了承ください。
新規登録 更新・削除 新着サイト 更新サイト 相互リンクサイト

ホームページ作成 サーチエンジン 無料サービス コンピュータ ライフスタイル
ゲーム 音楽 スポーツ 健康・医療 地域情報
相互リンク 企業 ペット紹介! 教育 エンターテイメント


Powered by Seesaa
ドンゴラスけ林のページ ホームページ制作代行 フリー素材 相互用SEOサーチエンジン泉税理士事務所:松山市
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。