新規登録

▼ホームページ検索 [More] [New Window]


2005年12月08日

宅建勉強法B

彼を知り己を知らば百戦危うからず。



皆さん、宅建試験のことを調べないで、いきなり参考書にとびついていないですよね?

受験申し込みをした後、まず行ったのは宅建とはいったい何なのかということを調べました

受験申し込みの時は、その場の流れで申し込みをしてしまっていました。というのは、会社の先輩との話の中で、なぜかそういう雰囲気になってしまったからなんですね・・・結構、行き当たりばったりの性格なものでして・・・

そういうこともあって、宅建とは何なのかもわかっていない状態でした。自分が受ける試験がどういうものなのかということがわかっていないと、モチベーションや戦略等にも影響が出てきます。

かの有名な軍師である孫子も「彼を知り己を知らば百戦危うからず。」とおっしゃっています。対象である宅建のことを調べもしないの合格はありえないというのは、決して言い過ぎではないと思います。

先に書きましたが、第一にモチベーションに影響してきます。宅建という資格があるとどういう仕事ができて、どういう風に有利に働くのか、そして、自分の将来にどう影響を及ぼしていくのか、ということが具体的にイメージできるかどうかが、試験継続の鍵になると思います。
当然、イメージするには宅建の具体的な内容を知る必要がありますよね。
これは後日、記載していこうかなと思っています。・・・・あくまでも予定です。

そして、次に戦略です。宅建試験の受験者数がどれくらいで、合格率がどれぐらいなのか。また、その評価の方法は絶対評価なのか、相対評価なのか。合格点はどれぐらいなのか。試験科目はどういったもので、問題数はどれぐらいなのか。また、配点はどうされているのか。などなど。

こういったことが分かってくると、自分はどれぐらいのところを目標にすればいいのかということが自ずと分かってきます。当然、私のように仕事をしながら受験をされる方もいらっしゃるでしょう。仕事をしていれば時間の制約が必ず出てきます。そうした時、勉強時間の配分などの戦略を立てることも可能になります。問題を解いていれば切り捨てるところ、必ず拾わなければいけないところというものが出てきます。こういった状況になっても、先の宅建の状態を把握していれば、迷うことなく切り捨てるところは切り捨てることができます。当然、その分、他に時間を回せるわけですから効率的ですよね。

こういう風に、自分の置かれている状況において宅建試験を攻略するためには、当然、宅建試験のことをあらかじめ調べるということは重要なことなのです(と、私が勝手に思っているだけですけど。)


宅地建物取引主任者(宅建主任者)への道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
▼ホームページ検索 [More] [New Window]

サーチエンジン新規登録受付中です。サーチエンジンへの登録は無料になっています。ただし、相互リンクを張っていただくことが条件となっています。相互リンクはTOPページでも、相互リンクのページでも自由です。
総合検索エンジンなので、基本的にはどのようなホームページでも登録可能です。ただし、アダルト・風俗・ねずみ講等はレンタルサーバーの規約上不可能です。せっかく、相互リンクをしていただいても登録できません。
当ホームページで相互リンク・紹介している情報によるトラブル・損害などについて、当サイト管理者は一切関知しません。
相互リンクでお互いアクセスアップを目指しましょう!

 当リンク集では、SEO(サーチエンジン最適化・Search Engine Optimization)ができるようにHTML形式で表示できるようにしてあります。SEOに役立てば幸いと思っています。ただし、あくまでも相互リンクが目的です。それ以外の場合は、申し訳ございませんが登録できかねますのでご了承ください。
新規登録 更新・削除 新着サイト 更新サイト 相互リンクサイト

ホームページ作成 サーチエンジン 無料サービス コンピュータ ライフスタイル
ゲーム 音楽 スポーツ 健康・医療 地域情報
相互リンク 企業 ペット紹介! 教育 エンターテイメント


Powered by Seesaa
ドンゴラスけ林のページ ホームページ制作代行 フリー素材 相互用SEOサーチエンジン泉税理士事務所:松山市
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。